「ヲタ道だけはまっしぐら」

「ひねくれ者だが好きなことにはまっしぐら」な私が好きなこと好きなものに情熱を注ぐ人たちを応援するブログ 「好きなものは正義!!」

<実写版>美女と野獣の歌とおススメポイント!!(微ネタバレ注意)

 

 

〈実写版〉美女と野獣 (ディズニーアニメ小説版)

 

どーもクウガです!!

みなさんは「<実写版>美女と野獣」をもうご覧になられましたか?私は昨日ようやく映画館へ足を運ぶことが出来たのでバッチリ見てきました!!

 

というわけで今回は<実写版>美女と野獣の見るべきおススメポイントについて

語っていきたいと思います。(※若干ネタバレを含みます。)

 

 

 

映画は吹き替え?字幕?どっちが良いの?

 

結論良さは変わりません・・・がアニメ版の日本語歌詞もしくは英語版の歌詞が聞きなれている方は字幕版をお勧めします。私は生まれた時からアニメ版日本語歌詞と英語版の歌詞に慣れていたため今回の日本語吹き替えの歌に少し違和感がありました。(私の中では「優しさが~開いてく~愛の扉~♪」がしっくりきすぎてるんですよね・・。)

 

 アニメ版との相違点

 

基本的に大まかなストーリーの流れはアニメ版と変わらないのですがキャラの立ち回り、各シーンのちょっとしたアレンジ、新曲の追加など細かい変更+追加シーンがあります。映画を見に行く前にアニメ版をみて比較しながら映画を見てみるのも

面白いかもしれませんね~

 

 

(個人的にはあのキャラクターがあんな立ち回りをするなんて思ってなかった・・)

 

ココが見どころ

 

今回の実写版アニメでは触れなかった部分に触れるシーンがあります。

それはまさかの「野獣の両親」「ベルの母親」についてです

詳しいことは話せませんが「野獣の両親」「ベルの母親」についてはアニメ版では公言するシーンがなかったのですが今回の実写版では詳しく語られるシーンがあります。気になるディズニーファンは是非映画館でチェック!!

 

素晴らしい名曲の数々+アニメ版には無かった新曲

 

 

美女と野獣 ・・・。これは言わずしての名曲。イントロが流れた瞬間鳥肌が立ちました。もう感動のあまり目から涙が止まりませんでした。終始泣きっぱなし。大スクリーンの中でで華やかに踊る野獣とベル。

その輝かしい姿と後ろの輝きに満ちた光にも注目してもらいたい。


Beauty and the Beast (From "Beauty and the Beast"/Official Video)

この曲は自分にとっても実に思い出深い曲でもあったので個人的にはディズニー映画ソング中で断トツ1位でござる。(ちなみに2位は「3人の騎士」3位は「ハクナマタタ」)

 

 

「愛の芽生え」・・・ベルが見た目だけでは見ることが出来ない野獣の真の良さを歌い野獣がベルの自分に対する気持ちの変化を歌った曲。ん~これも素敵すぎた!!仲良くする二人の姿にびっくりする家来たちのリアクションと歌も可愛くとても

微笑ましかったです。


「美女と野獣」♪愛の芽生え

 

人は見かけで判断するもんじゃないですな。

 

「強いぞガストン」・・・すごい個人的な話なんですがこの映画を見てガストンのパートナーであるル・フゥを凄い魅力的なキャラクターと思えるようになった私です。

そんなル・フゥとガストンが歌うこの曲なんですがアニメ版よりミュージカル感が増してヴィランズの曲としては凄く明るく楽しい曲となっています。


「美女と野獣」♪ガストン

 

 

 

「ひとりぼっちの晩餐会」

美女と野獣といえばこの曲も挙げられますね~

ルミエールを筆頭に家来たちがお客さん(ベル)がやって来た喜びと共にベルを元気付けるこの曲映像もより派手で華やかな演出となっていました!!

 

 

 

新曲として「時は永遠に」「ひそかな夢」という曲があります。

この2曲は特に物語と関係している曲でもあるのでぜひ劇場で確かめてください!!

 

美女と野獣の一番の良さ

 

この作品の一番の良さは「テーマ」にあります。

私的にはこの作品の根底にあるものは「見かけで判断することの愚かさ」「普通、一般的の恐ろしさ」それを踏まえて「どんな人でも変わることができる」ということだと考えています。

 

ベルはその時代の風習、当たり前に悩むもの野獣と関わることで新しい世界を見ることが出来た。これはベルが野獣を見た目だけで判断せずずっと関わり続けたことで野獣の魅力を見つけたからであり、村の人の価値観やその時代の文化に囚われず自分の価値観を最後まで突き通したからでもあります。

一方野獣は己の醜さにコンプレックスを持ちながらもベルと関わったことで「自分の中にある優しさ」を引き出すことができ、「真実の愛」見つけることが出来た。

 

そんな「人の可能性」をこの作品は物語の根底に置いているのだと私は思います。「人を見かけで判断しない」、「常識、当たり前囚われない」この2つは時代が変わっても中々出来ないことでもあります。がこの作品にはそんな理想を描いている面があり

見ている側に希望を与えてくれる物語でもあります。

だからいつになっても色褪せることが無いんだろうな・・・

 

以上「<実写版>美女と野獣」のおススメポイントでした!!